フロイスマン首相:選挙時の内閣の課題は中立の維持

フロイスマン首相:選挙時の内閣の課題は中立の維持

ウクルインフォルム
2019年の大統領選挙・国会選挙に今後5年間の国家の優先課題は左右される。

28日、フロイスマン首相がインターファクス・ウクライナ通信へのインタビューにて発言した。

首相は、「大統領選挙と最高会議選挙がどうなるかに、次の5年の国家発展の優先課題の形成が左右されることになるのは、事実である」と発言した。

また、選挙運動期間中に、政府はどのようにして中立を保っていくのかとの問いに対しては、首相は、「公正、透明、民主的な選挙の実施が、私のウクライナ首相としての課題であり、それ以外の課題はない」と返答した。

そして、誰であっても選挙前にポピュリズムから逃れることはできないが、「しかしながら、私は、ウクライナ国民は非常に賢い人々だと思っている。各人が、様々な聞こえの良い言葉について、真剣に考えなければいけないのである」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-