露に拘束されるクリーフ氏、5年間家族と面会できず

露に拘束されるクリーフ氏、5年間家族と面会できず

ウクルインフォルム
ロシアに拘束され、20年間の拘禁判決を受けているウクライナ人政治囚のスタニスラウ・クリーフ氏は、すでに5年間家族と面会していないとのこと。

在イギリス・ウクライナ大使館がツイッターに書き込んだ。

ツイートには、「ウクライナ政治囚であり、ロシアにて捏造の罪状により20年間の拘禁判決を受けたスタニスラウ・クリーフ氏は、自らの配偶者、息子、両親と5年にわたり面会できていない。彼は、強い心理的を受けている。弁護士が言うには、彼は徐々に正気を失いつつあるとのことである」と書かれている。

ツイートには、クリーフ氏の解放を求めるハッシュタグ「#FreeKlykh」が足されている。

これまでの情報では、スタニスラウ・クリーフ氏とミコラ・カルピューク氏は、2016年に有罪判決を受け、それぞれ20年と22年半の拘禁刑が言い渡されている。ロシアの捜査側の主張は、彼らは「ウクライナ民族議会・ウクライナ民族自警団(UNA-UNSO)」のメンバーであり、1994~95年にチェチェンにおける戦闘に参加して戦っていたというもの。他方で、クリーフ氏は、チェチェンには一度も行ったことがないと主張している。

また、クリーフ氏の精神状態は拘置所での拷問により悪化しているとのこと。クリーフ氏の母は、アルセーニー・ヤツェニューク前首相に関する証言を強制するためにクリーフ氏は拷問を受けていると述べていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-