フロイスマン首相、戒厳令に関し、経済危機が起きる要素はないと発言

フロイスマン首相、戒厳令に関し、経済危機が起きる要素はないと発言

ウクルインフォルム
フロイスマン首相は、ウクライナ政府は最高会議(国会)が採択した戒厳令に関する決定を履行できるとし、また経済危機を起こす要素はないと明言した。

26日、フロイスマン首相がロシアのアゾフ海における侵略に関する戒厳令発令に関して召集された最高会議の臨時会合にて発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

首相は、戒厳令に関する決定が採択される前、「(編集注:戒厳令発令に関する)意思統一した決定を見つけ出して欲しい。政府は、採択された決定を一つ一つ履行していく。私は、経済危機を起こす要素はないと思っており、さらに私たちは安定を確保するための手段を全て有している。最も重要なのは、私たちの努力をまとめることである」と発言した。

首相は、議員に対して団結するよう呼びかけ、「今、最も困難かつ最も重要な問題の一つの議論が行われている。それは、国家の安定を確保し、私たちの主権国家を守るために不可欠な決定を採択することである。私は、この議場内にどこから嫌悪感情が入り込んだのか理解できない。困難な時は、私たちは団結しなければならないし、妥協を見つけなければならず、その妥協を防衛し、国家をさらに強くしなければならないのである」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-