【宇土首脳会談】エルドアン・トルコ大統領:トルコはクリミア併合を決して承認しない

【宇土首脳会談】エルドアン・トルコ大統領:トルコはクリミア併合を決して承認しない

ウクルインフォルム
ロシアによるクリミア半島の違法併合を承認しないというトルコの立場は、クリミア・タタール人への支持と同様に不変である。ウクライナ東部情勢は、外交的かつ平和的な手段で解決されなければならない。

3日、レジェプ・ターイプ・エルドアン・トルコ大統領が、ペトロ・ポロシェンコ・ウクライナ大統領とのイスタンブルでの会合後の共同記者会見で述べた。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

エルドアン大統領は、「地域の問題を協議することができた。ウクライナの主権、独立、領土一体世を支持しているという、我々の立場を信じて欲しい。私たちは、会談中、クリミアの違法併合を認めたことはないし、決して認めないことを今一度強調した。私たちは、クリミア・タタール人の利益と権利を今後も保護していく。クリミア半島を去らなければならなくなった者も、クリミアに残った者も同様に保護する。私は、クリミア・タタール人を支援してくれていることについて、もう一度感謝を述べたい」と発言した。

エルドアン大統領はまた、ウクライナ東部の状況については、「私たちは、ウクライナ東部で現在起きている衝突が国際法の枠内で、外交的かつ平和的手段で終わり、解決されることを願っている」と述べた。

加えて、エルドアン大統領は、ウクライナとトルコがテロとの闘い、とりわけ、FETO(編集注:ギュレン運動に関係する組織)の完全な撲滅に向けた協力を続けることへの期待を表明した。

なお、ポロシェンコ大統領は、11月3、4日、トルコを公式訪問している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-