サドヴィー・リヴィウ市長、大統領選出馬を表明

サドヴィー・リヴィウ市長、大統領選出馬を表明

ウクルインフォルム
アンドリー・サドヴィー・リヴィウ市長(自助党党首)は、大統領選挙に出馬する。

3日、同市長が、若者フォーラム「モロドヴィジ」の運営者達との会談で表明した。自助党が公式サイトで伝えた。

自助党のサイトには、同市長が大統領選挙への出馬を表明したと書かれている。その上で、サドヴィー市長は、「私の目的は、非常にシンプルで、同時に複雑でもあります。それは、あなた方のウクライナへの信頼を回復することです。あなた方の前には、今日、全世界が存在します。しかし、自分の国を作り上げられるのは、ここしかないのです。私は、あなた方に自らの国のために共に闘うことを提案します」と発言した。

また、同市長は、選挙キャンペーンの重要な要素として、若者と団結し、政治汚職を廃絶し、国を技術面で近代化することを指摘した。また、同市長は、「私たちは、世界の先進国から何十年と遅れてしまっています。国民のあらゆる力と知恵を集中させなければなりません。それは安全保障と生き残りの問題なのです。そうでなければ、福祉も幸福も戦争での勝利もありえないでしょう。しかし、全ては私たちの手中にあり、私たちには力があるのです」と強調した。

その上で、サドヴィー市長は、近いうちに選挙に向けてのチーム構成を発表することを誓い、「断固とした変化」を支持する全ての勢力に対する団結を呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-