三者コンタクト・グループ、次回会合は9月19日

三者コンタクト・グループ、次回会合は9月19日

ウクルインフォルム
ドンバス地方情勢を協議する三者コンタクト・グループ(TCG)の次回会合は、9月19日となる。

5日、マーティン・サイディクTCG・OSCE(欧州安全保障協力機構)特別代表が発表した。BELTA通信が伝えた(編集注:三者コンタクト・グループ(TCG)は、ウクライナ、OSCE、ロシアの3者からなるグループ。ミンスクで開かれるTCG本会合と下部組織の4つの作業部会にはドネツィク・ルハンシク両州一部地域代表者(「DPR/LPR」)も出席する)。

また、5日のTCG会合の人道問題作業部会では、紛争地域の衝突ライン両側をトニー・フリッシュOSCE調整官が訪問するための準備に協議が集中した。同訪問は、9月6日から12日にかけて行われる。フリッシュ調整官は、拘束者と面会し、拘束条件を確認する。

経済問題作業部会は、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域(ORDLO)でのVodafoneウクライナの携帯通信の復旧と質の改善の作業について協議を継続。また、年金支払や水供給に関係する喫緊の問題について協議した。

政治問題作業部会では、シュタインマイヤー・フォーミュラの履行、特赦問題、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域地方選挙の手順の議論に注意が集まった。

以前の報道によれば、ヘラシチェンコ最高会議第一副議長(TCG人道問題作業部会ウクライナ代表)が、同日のミンスクでのTCG会合でORDLO代表者がザハルチェンコ「DPR首長」の死にちなんで、「1分間の黙祷」を提案するという挑発行為をしようとしたと発言していた。その際、ウクライナ側は、協議の場を一度去り、その後、席に戻ると、ロシアの侵略で亡くなったウクライナ国民への追悼を行ったとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-