ルハンシク州の火災でウクライナ軍人1名死亡=統一部隊

ルハンシク州の火災でウクライナ軍人1名死亡=統一部隊

ウクルインフォルム
行方不明になっていたウクライナ軍人のアルテム・ボンダレンコ氏が焼け崩れた防衛施設の下から遺体で見つかった。

3日、統一部隊作戦本部広報室が発表した

発表には、「ルハンシク州の火災消火中、行方不明とみなされていたアルテム・ボンダレンコ兵曹が亡くなったことを悲しみとともに報告する。軍人の遺体は、崩れた防衛施設の下から見つかった。同僚たちは、配置地点に急速に接近する火災を消火していた際、ボンダレンコ氏は軍事資産を避難させていたと伝えている」と書かれている。

統一部隊司令部は、遺族に対し哀悼の意を表明している。

これに先立ち、2日、ハルキウ州ドヴォリチャンシキー地区ホロブイウカ村の森林部にて火災が発生し、少なくとも22の家屋が全焼したと伝えられた。33名の住民が避難。500ヘクタールにわたり延焼。死傷者は出ていなかった。

同日、ルハンシク州平原部でも1200ヘクタールにわたる火災が確認されていた。3日朝、116の地点で消火が行われ、軍人2名が重度の火傷の治療のために医療施設に搬送されていた。同州では、13の住宅が全焼。クレミンシキー地区、ノヴォアイダルシキー地区、スタニチノ・ルハンシキー地区にて消火活動が続いている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-