2018年のウクライナの非公式経済、GDPの47.2%=分析

2018年のウクライナの非公式経済、GDPの47.2%=分析

ウクルインフォルム
2018年のウクライナの非公式経済(シャドーエコノミー)は、GDP全体の47.2%を占め、2017年の46.8%から若干増加していたことがわかった。

キーウ(キエフ)国際社会学研究所の研究結果に記されている

発表には、「2018年の非公式経済は、GDP全体の47.2%。2017年は、46.8%であった」と書かれている。

非公式経済の割合が最も大きい分野は、小売と建設であり、全体の50%以上が非公式経済となっていると書かれている。他方で、この2分野では、その他の分野と異なり、2018年は前年に比べて非公式経済の割合が減少している。

なお、非公式経済を構成する脱税の種類は主に、収益の隠蔽、実際の従業員数の隠蔽、実際に支払われている給与の総額の隠蔽(封筒による給与の手渡し)の3つであると説明されている。2018年も2017年もこのうちの「収益の隠蔽」の割合が最も多く、2018年は非公式経済全体の56.7%、2017年は60.2%であったと指摘されている。

同分析は、キーウ国際社会学研究所が、欧州委員会が「HORIZON2020」プログラムを通じて資金提供を行っているSHADOWプロジェクトの一環で、2019年に実施したものとのこと。

実施期間は、2019年3~5月。実施手法は、クリミアと被占領下ドネツィク・ルハンシク両州を除くウクライナ全土で、800人の企業所有者、運営者、トップマネージャーへのランダム選出による電話質問。企業の分野と規模は様々なものがカバーされているとのこと。

写真:© DonPomidor / Depositphotos


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-