ポロシェンコ大統領、「リバリシク造船工場」売却へ

ポロシェンコ大統領、「リバリシク造船工場」売却へ

ウクルインフォルム
ツェホルコ・ウクライナ大統領報道官は、ポロシェンコ大統領が自身の所有する「リバリシク造船工場」を売却すると発言した。

同報道官がフェイスブックに書き込んだ。

同報道官は、「ペトロ・ポロシェンコ大統領の資産を管理するプライム・アセッツ・キャピタル財団は、『リバリシク造船工場』の国内の売却に関して基本的合意に達したと報告した」

同発表には、反独占委員会が承認し、形式上のプロセスが済めば、合意に署名が行われ、履行されることになるとのこと。

また、ツェホルコ報道官は、「2016年1月時点で、ポロシェンコ大統領は、自身が所有する最大の資産である『ロシェン』社をロスチャイルドの信託、評判の高い世界企業に渡した。昨年4月には、『ロシェン』社経営陣は、リペツィク・パティシエ工場(編集注:ロシア)を閉鎖し、生産を終了した。クリミアでは、セヴァストーポリ海洋工場が占領者に接収された。対立者が無根拠に述べている『ロシアにおける農業・でん粉ビジネス』なるものは、ペトロ・ポロシェンコには存在しない」と書き込んだ。

なお、「リバリシク造船工場」は、1862年に創立され、船舶とアンカーボルトを製造していた。同社の最終所有者は、2017年時点で、ペトロ・ポロシェンコ大統領とイーホル・コノネンコ最高会議(国会)議員(BPP党)である。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-