在イラン大使、イランの農産物市場30億ドルの可能性を指摘

在イラン大使、イランの農産物市場30億ドルの可能性を指摘

ウクルインフォルム
ウクライナは、現在の地政学的状況の中で、関係者との対話を通じて、非常に重要なイラン市場を維持し、拡大しなければならない。

セルヒー・ブルディリャク在イラン・ウクライナ大使が、ウクルインフォルムへのインタビューに答えた。

ブルディリャク大使は、「私は、ウクライナはイランとの対話、そして、関係者とのイランについての対話を絶対に止めてはならないと思っています」と述べた。

また、大使は、ウクライナには同盟国があり、他の国々との関係や義務があることを指摘しつつ、同時に、イランが影響力を持つ地域の人口は約1億3000万~1億4000万人いることに注意を向けた。

「これは巨大な市場なのです。私たちは、この市場を絶対に去るべきではありません。一度去ってしまったら、戻るのは非常に難しくなります。私たちは、この市場にとどまるために行動すべきなのです」と大使は強調した。

また、大使は、ウクライナはイランとの間で多額の貿易を行っており、ウクライナ国家会計庁のデータでは、去年、貿易額は12億ドル以上に上っているし、イラン側のデータでは15億~20億だと述べている、ウクライナ側の輸出を見れば、その95%はアメリカの制裁対象ではない農産物であると指摘した。

大使は、「さらに、イランの農産物市場の潜在力は30億ドルに上ります。この数字は、イラン側が示すものであり、この額だけイラン側がウクライナの農産物を買う用意があるということです。しかし、彼らは、長期間のパートナーを求めています。なぜなら、ウクライナにとってエネルギー安全保障が重要なのと同じで、彼らにとっては食料供給の安全が重要だからです」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-