行方不明ウクライナ軍人の遺体、ロシア占領軍が返還

行方不明ウクライナ軍人の遺体、ロシア占領軍が返還

ウクルインフォルム
ロシア占領軍は、4月3日夜から行方不明だったウクライナ軍人の遺体を通過検問地点「マルインカ」にて返還した。

6日、第10山岳襲撃旅団がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、4月3日夜、同軍人が武器を持たずに行方がわからなくなっていることが判明、行方がわからなくなった地点では戦闘は一切発生していなかったと書かれている。速やかに捜索が始まったが、同軍人は見つけられなかったという。

旅団は、「その軍人に何が起こったのかは、私たちには今のところ判明していない。方角を見失ったとか、拉致も含め、複数の可能性が調べられている」「最後まで彼が生きていて、全て問題はないとの希望があった。しかし、残念ながら奇跡は起こらなかった」と伝えた。

6日、通過検問地点「マルインカ」にて、ロシア占領軍代表者から、同旅団軍人の遺体の引き渡し手続きが行われたと報告されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-