国家汚職対策局と国営防衛企業が汚職犯罪情報交換の覚書に署名

国家汚職対策局と国営防衛企業が汚職犯罪情報交換の覚書に署名

ウクルインフォルム
政権高官の汚職犯罪に特化して捜査を行う国家汚職対策局(NABU)と国営防衛企業「ウクルオボロンプロム」社は、汚職犯罪情報交換覚書に署名を行った。

23日、NABU広報室が伝えた

署名を行ったのは、シートニクNABU局長とフォメンコ・ウクルオボロンプロム総裁代行。覚書には、連携の方向性と双方の義務が記載されているという。

発表によれば、シートニクNABU局長は、同覚書により迅速な情報交換が可能となり、ウクルオボロンプロム内の汚職捜査を効果的に行えるようになると指摘した。フォメンコ・ウクルオボロンプロム社総裁代行は、NABUとの協力は、戦略的国営企業の活動に秩序をもたらすことを可能とすると発言した。

なお、NABUは、国内防衛産業の汚職犯罪捜査にて、10件以上容疑で30名を裁判所に起訴している。その中には、国家に8850万フリヴニャ以上の損失をもたらした国防省の高官、「スペツテフノエクスポルト」社、リヴィウ装甲戦車工場、アヴィアコン工場の幹部が含まれている。

写真:NABU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-