東部統一部隊作戦圏で23歳将校死亡 チェルニウツィー州出身

東部統一部隊作戦圏で23歳将校死亡 チェルニウツィー州出身

写真
ウクルインフォルム
3月31日、ウクライナ東部の統一部隊作戦圏にて、チェルニウツィー州出身の将校オレクサンドル・マランチューク氏が狙撃銃による銃撃を受け死亡した。

4月1日、チェルニウツィー州軍事委員会がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「ブコヴィナ地方出身の将校が統一部隊作戦圏で死亡した。2020年3月31日、ドネツィク州での戦闘時、狙撃手の銃弾を受け、第10山岳襲撃旅団小隊指揮官である23歳のオレクサンドル・マランチューク氏が亡くなった。彼は、2019年7月18日から従軍していた」と書かれている。

これに先立ち、1日、統一部隊作戦本部は、ウクライナ東部のロシア連邦占領軍が3月31日に統一部隊側を14回攻撃し、ウクライナ軍人1名が死亡、2名が負傷したことを発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-