OSCE、被占領下ドンバスにてロシアからの鉄道・車列を確認

OSCE、被占領下ドンバスにてロシアからの鉄道・車列を確認

ウクルインフォルム
ウィーンの在国際機関ウクライナ常駐代表部は、欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)が、監視用無人機にて、ロシアが深夜に自国領からウクライナの被占領地へと供給活動を続けていることをを示す写真を撮影したと伝えた。

在ウィーン国際機関(OSCE・国連)ウクライナ常駐代表部がツイッター・アカウントで報告した。

ウクライナ常駐代表部は、「ドンバス地方で持続可能な停戦達成の試みが続いているにもかかわらず、ロシア連邦は、ウクライナの被占領地への違法な供給を継続している。その逆方向の供給もだ。OSCE・SMMは、コントロールされていない国境地点のすぐ近くでの貨物列車と輸送車の車列を再び確認した」と伝えた。

同ツイートにて公開されているSMM撮影の写真は、ロシア連邦との国境近く、ステープネとヴィセルキ近郊で撮影されたものとのこと。

なお、SMMは、これまでにも、車列・電車がロシアからウクライナ被占領地へと進入する様子を、無人機にて繰り返し確認している。最近は、7月22日、SMMの長距離無人機が4台の牽引自動車を引く8台の輸送車(うち3台は、おそらくタンクローリー)を確認。全車両とも、ロシアとの国境付近の舗装されていない道で西側を向いて停まっていた。場所は、ステープネ(非政府管理地域、ドネツィクから南東72キロ)から南東約2キロ地点。この場所には、国境検問地点がないことが指摘されていた。

この他、SMMは、別の日の報告書にて、7月23日、同様に長距離無人機にて、クヴァシネ(非政府管理地域、ドネツィクから南東65キロ)の鉄道駅にて、タンク車両23台、貨物車両13台からなる列車を確認したことを報告している。更に、SMMは、同日、午前1時46分に、ヴェセルキ(ドネツィクから南東72キロ)付近で、南東方面のロシア連邦との国境のある方角へ進む電車を確認したことを報告している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-