EUと米国、ウクライナ東部の武装集団によるOSCE監視団への銃撃を非難

EUと米国、ウクライナ東部の武装集団によるOSCE監視団への銃撃を非難

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は、6月9日、ウクライナ東部ルハンシク州モロジージュネ(被占領地)のロシア武装集団側検問地点の付近にて、武装集団が、欧州安全保障協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)の要員側に向けて発砲した事件を非難した。

13日、ウィーンのOSCE常設理事会の会合にて、「長引くロシアの対ウクライナ侵略・違法クリミア併合」に関するEUの声明が公開された。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

EUの声明には、「私たちは、非政府管理地域のモロジージュネ付近の武装集団検問地点の付近にいた、2台の装甲車、6名の要員からなるSMMパトロールが経験した、銃が発砲され、彼らの上空5メートルを銃弾が西側へ飛来した事件を断固として非難する」と述べられている。

EUは、このような事件は「受け入れられない」と指摘した。

EUの声明には、「私たちは、SMMの活動に対する如何なる阻害も非難する。これら阻害は、これまでロシアが支援する武装集団のコントロールする地域で主に生じている。私たちは、コントロールの失われているウクライナ・ロシア間国境付近の地域の(SMMのアクセス)制限を非常に懸念している」と主張されている。

同時に、OSCE常設理事会会合では、マクリス米国代表代行が、このモロジージュネの事件について深い懸念を表明した。

マクリス代表代行は、「ロシアと、そのロシアが武装し、訓練し、コントロールし、共闘する集団は、この受け入れられない振る舞いにより、民間人とSMM監視員の生命を危機におとしめている」と強調した。

同代表代行は、ドンバス地方でロシアがコントロールする勢力はSMM要員の移動を妨害しており、検問地点や様々な地域へのSMMのアクセスを認めず、撤収しなければならない兵器を隠していると指摘した。

また、イーホル・ロッソウシキー駐ウィーン国際機関ウクライナ常駐副代表は、モロジージュネ付近のSMM要員へのロシア武装集団による発砲は「SMMが被占領地域ドンバスにおけるロシアの兵器を確認し、国際社会に提示されることを望まないロシアの武装集団が、またしても民間の監視員を脅迫した」事例であると強調した。

これに先立ち、SMMが6月9日にスポットレポートを発表していた。同発表によれば、9日午後、ルハンシク州モロジージュネ(非政府管理地域、ルハンシク市から北西63キロ地点)から西に約1.2キロの地点の武装集団検問所から東に約45メートルの場所に、SMM要員が治安情勢監視のために滞在していた際、SMM要員の下に2名の武装集団要員が近づき、短い対話の後、彼らは検問所へ戻っていったが、しかし、その2分後、南に約200メートルの地点で小火器による発砲音が聞こえ、SMM要員の約5メートル上空を西側に少なくとも3発の銃弾が飛んでいったことが報告されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-