マリウポリ出身20歳の軍医が狙撃による負傷で死亡

マリウポリ出身20歳の軍医が狙撃による負傷で死亡

ウクルインフォルム
南部ドニプロ市の病院にて、20歳の軍医ミコラ・ヴォルコウ氏(コードネーム「スムルフィク」)が東部ドンバス地方で敵の狙撃により負った怪我のため亡くなった。

15日、「ホスピタリイェラ」大隊創設者のヤーナ・ジンケーヴィチ氏が自身のフェイスブック・アカウントにて報告した。

ジンケーヴィチ氏は、「残念なことに、私たちの『スムルフィク』がたった今亡くなった。彼は、過去数日生き残るために精一杯闘っていた。彼のことを何千人が心配し、祈りを捧げていたのに」と伝えた。

ジンケーヴィチ氏は、戦争開始当初から、ウクライナの運命を非常に気にかけていたとし、「敵狙撃兵には、ルールなどない。軍医は彼らにとって望ましい標的なのだ」と書き込んだ。

ミコラ・ヴォルコウ氏は、ドネツィク州マリウポリ市出身、アラッタ第8大隊所属で、4月10日にドンバス地方で銃弾を頭部に受け、脳と骨格の大半を損傷していた。治療は、ドニプロ市メチニコフ記念病院の医師が行っていた。

告別式は、4月17日、マリウポリ市で行われる予定。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-