チェルニウツィー市で東部で亡くなった兵の告別式が開催

チェルニウツィー市で東部で亡くなった兵の告別式が開催

57
ウクルインフォルム
4日、南西部チェルニウツィー市にて、昨年11月に戦死したヴィタリー・オノフレイチューク氏の告別式が行われた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

同氏は、昨年11月17日、ルハンシク州ポパースナ地区ノヴォトシキウシケ町の防衛地点にいたところ、砲弾が直撃して亡くなった。遺体は、4日未明、チェルニウツィー州アタキ村に届けられた。同日朝から、教会で葬儀が行われ、その後告別式がチェルニウツィー市の中央広場にて開催された。

チェルニウツィー州兵站の関係者は、「ヴィタリー・オノフレイチュークさんは、軍曹で、第109独立山岳強襲大隊に所属していました。11月17日にノヴォトシキウシケで戦死し、これまではDNA検査が行われていました」と説明した。

オノフレイチュークさんは、1981年4月22日生まれ。2001年から2006年までは、第80独立航空機動旅団に所属していた。2001~2002年は、コソボでの平和ミッションにも参加した。2017年1月30日、軍と契約。2018年8月27日に、再度契約兵となり従軍していた。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-