ウクライナ軍、「ドネツィク人民共和国」戦闘員を拘束

ウクライナ軍、「ドネツィク人民共和国」戦闘員を拘束

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ドンバス地方統一部隊作戦圏の衝突ラインにて、ウクライナ兵が武装集団戦闘員を拘束した。

28日、統一部隊作戦本部広報室が発表した

発表には、「12月27日、統一部隊に加わる機械化旅団の一個に所属する軍人が、衝突ラインでの戦闘課題遂行時に、違法武装集団参加者を捕虜として拘束した」と書かれている。

発表によると、拘束された人物は、35歳のドネツィク州ホルリウカ住民、元ウクライナ内務省職員。2016年まで、違法武装集団に従事していたが、負傷したのち、健康状態を理由に離脱、しかし、2018年11月に占領政権により再動員されたとのこと。

捕虜の男性と所有していた武器は、統一部隊作戦に参加するウクライナ保安庁(SBU)職員に渡され、関連捜査が継続していると説明された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-