「ブーク」や「ソー」が登場。ウクライナ軍、クリミア近くでロケット・システムの発射訓練を実施

「ブーク」や「ソー」が登場。ウクライナ軍、クリミア近くでロケット・システムの発射訓練を実施

27
Ukrinform
対空防衛システムの再生は、国家安全保障国防会議(NSDC)が定めたウクライナにとっての重要優先課題の一つ。

オレクサンドル・トゥルチーノフNSDC書記がウクライナ軍「ヤホルリク」訓練場(ヘルソン州)での発射訓練時に発言した。NSDCウェブサイトが発表した。

トゥルチーノフ書記は、「対空防衛システムの再生は、安全保障・国防分野における最も喫緊の課題の一つであり、NSDCが定めた重要優先課題の一つである」と発言し、ウクライナの対空防衛システムは2014年までに最も縮小し、意図的に破綻させられていた分野であったことを指摘した。

トゥルチーノフ書記は、ウクライナ軍による訓練時の高い技術を賞賛した。訓練には、幅広い地対空ミサイル・システム(S-300系各種、「ブーク」、「ソー」、「オサAKM」等)が利用されており、陸軍対空防衛部隊や、空軍地対空ロケット兵が参加したとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.uaへのハイパーリンクは第一 段落より上部にすることを義務付けています。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、 ukrinform.uaからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のペー ジにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2018 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica
詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-