フーグSMM副団長「ドンバス治安情勢は4年間ほとんど変化なし」

フーグSMM副団長「ドンバス治安情勢は4年間ほとんど変化なし」

ウクルインフォルム
アレクサンドル・フーグ欧州安全保障協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)第一副団長は、彼がウクライナで勤務した過去4年間、ウクライナ東部の治安情勢は「ほとんど変わらなかった」と不満を述べた。

31日、フーグ副団長が自身のSMM勤務最終日の記者会見時において発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フーグ副団長は、「約4年間、ほぼ毎週ここに立ち、治安情勢に関する短い報告を行い、戦闘と危険のレベルを強調し、または、民間人への否定的な影響について伝えてきた。この期間、変わったものはわずかである。信じて欲しいのだが、私は、自分のこの発言を全く喜べない。停戦に合意してからの4年間は、先週の出来事が示すように、双方は現在までこの停戦に違反している。双方とも兵器の撤収を行っておらず、双方とも兵力・機器を撤収しておらず、双方とも地雷除去を行っていない。今も民間人がその対価を支払わされているのである」と述べた。

最後に、同副団長は、自らの職務を終えることにつき「様々な感情が入り交じっている」と強調し、「不安と悲しみの感情を抱えたまま、私は去る。しかしながら、私は、希望の感情も抱いている。私は、トンネルの終わりの光を今日まで見ている。この紛争は、深く根付いたものではなく、止まってもいないし、凍ってもいない。この紛争は、決定が下されることで、終わり得るものなのである」と補足した。

これまでウクルインフォルムが報じたように、フーグSMM第一副団長の任期は、10月31日までとなっている。後任は、マーク・エテリングトン氏となる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-