フーグSMM副団長、10月退任へ

フーグSMM副団長、10月退任へ

ウクルインフォルム
アレクサンダー・フーグ欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)副団長の任期は、10月31日に終了する。

フーグSMM副団長がロシアのコメルサント誌への26日付インタビューで述べた。

フーグ副団長は、「OSCEは、キャリアを積む機関ではなく、同機関で10年以上勤務することはできません。私はこの制限に達したため、自らの職を離れます」と述べた。

また、同副団長は、「SMMが行ってきた業務は、ドンバス地方の紛争当事者双方が、ミンスク諸合意により自らが誓った基本的な約束さえ履行していないことを示しています」として、遺憾を表明した。

この点につき、フーグ副団長は、SMMはウクライナ東部の紛争を抑制することができたと指摘しつつ、同時に、同地域の治安状況は政治意志があれば安定化できると考えているが、現時点ではこの政治意志が存在しないのだと説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-