マレーシア機撃墜裁判 法廷にて事件当日の被告人の通話やりとり提示

マレーシア機撃墜裁判 法廷にて事件当日の被告人の通話やりとり提示

動画
ウクルインフォルム
9、10日、オランダのスキポール裁判コンプレクスで続けられている2014年のウクライナ東部にて撃墜されたマレーシア航空MH17便撃墜事件の裁判の内容面審理では、被告人の事件当時の電話通信記録が提示された。

ウクルインフォルムのハーグ特派員が伝えた。

9日の審理では、起訴されている被告人4名(イーゴリ・ギルキン(ストレルコフ)(ロシア国籍、ロシア連邦保安庁(FSB)元将校、元いわゆる「DPR国防相」)、セルゲイ・ドゥビンスキー(ロシア国籍、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)大佐、いわゆる「DPR・GRU長官」)、オレグ・プラートフ(ロシア国籍、GRU特殊部隊中佐)、レオニード・ハルチェンコ(ウクライナ国籍、ロシア側で戦闘に参加))の事件当時の電話による通話記録の一部が提示された。

イーゴリ・ギルキン被告とミハイル・シェレメート氏(編集注:2014年時点で、クリミア・ロシア占領政権のセルゲイ・アクショーノフ首長「内閣」にて「第一副首相」を務めていた人物、現ロシア国家院議員)の通話記録も提示された。

その際、ギルキン被告は、ロシアからの「大規模な支援」を要請しており、「近々大規模な支援がなければ、粉砕される。(中略)もしロシア支援、空からの援護、少なくとも砲撃支援の問題が解決されなければ、私たちは東部を維持できない」と発言している。

同日の審理ではまた、捜査側の集めた地対空ミサイルシステム「ブーク」の輸送に関する写真、動画、移動ルートに関する詳細な証拠が提示された。

10日の審理では、セルゲイ・ドゥビンスキー被告とニックネーム「ボツマン」なる男性の2014年7月17日(MH17撃墜事件当日)17時42分の通話記録が提示された。その際、ドゥビンスキー被告は、武装集団が手に入れた「ブーク」によってウクライナ軍戦闘機を撃ち落としたと述べている。同被告は、「朝ブークMを得てから、戦闘が楽になった」と発言した。

ドゥビンスキー被告は、同日18時20分にイーゴリを名乗る別の男性との会話にて、記者たちがドネツィク市から80キロ離れた地点でボーイングが撃墜されたと報じていると述べている。ドゥビンスキー氏は最初、「自分たちの撃墜したウクライナ軍戦闘機」をボーイングだと思っているのだろうと発言。その後、撃墜されたのが旅客機であったことがわかると、武装集団戦闘員たちは、ウクライナ軍戦闘機がボーイングを撃墜したのであり、自分たちはその戦闘機を撃墜したのだなどと話し始めている。

レオニード・ハルチェンコ被告は、2014年7月17日21時32分のニックネーム「ギラゾフ」なる戦闘員との会話にて、「ブーク」を操縦していた戦闘員が行方不明になったと述べている。

またハルチェンコ被告は、同日21時40分のオレグ・プラートフ被告との通信記録でもブーク操縦士の話をしている。

さらに、撃墜事件翌日朝に行われた通話の記録では、ギルキン被告とドゥビンスキー被告が話しており、その際ドゥビンスキー氏は、ブークはすでにロシア連邦領内だとし、「車はもうずっと前にロシアに入っている」と述べている。

法廷では、動画やブーク移動経路を示す地図が詳細に提示されている。

ダグマル・コステル裁判官は、全ての証拠は捜査の結果として得られたものであるとし、裁判が自らの見解を示すのは、内容面審理が終了してからだと繰り返している。

なお、審理の様子はオンラインで公開されている。

マレーシア航空機撃墜事件とは、2014年7月17日、アムステルダムからクアラルンプールへ向かっていたマレーシア航空機MH17がウクライナ東部ドンバス地方上空で武装集団により撃墜され、乗客・乗員合計298名全員が死亡した事件をいう。

2016年9月、国際共同捜査チーム(JIT)は、同事件の技術捜査の結果として、同航空機が、親露武装集団支配地域から地対空ミサイルシステム「ブーク」により発射された弾頭「9M38」により撃墜されたことを判明させた。

2018年5月24日には、JITは、MH17を撃墜したロシアのミサイルの破片を公開しつつ、ミサイルがロシアのクルスクを拠点とするロシア軍第53対空ミサイル旅団に属するものであることが判明したと発表した。

2019年6月、マレーシア航空機MH17撃墜事件の捜査を行う国際共同捜査チーム(JIT)は、同撃墜に関与した容疑者4名を公表している。

MH17事件の公判は2020年3月9日にオランダにて開始しており、とりわけ2021年6月7日からは事件の内容面の審理に移っている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-