汚職対策機関、ボリスピリ空港の汚職スキームを摘発

汚職対策機関、ボリスピリ空港の汚職スキームを摘発

ウクルインフォルム
国家汚職対策局(NABU)は、国営「ボリスピリ国際空港」社元総裁らに権力乱用の容疑を伝達した。

7日、NABU広報室が公表した

捜査班は、ボリスピリ空港社の幹部は、2014年から2019年にかけて、過去の賃貸契約を根拠にした不当な賃料にて他企業にスペースを違法に貸していたことを判明させたという。しかし、施設はインフラ省に属しているため、本来空港のスペースの賃貸は、国家資産基金のみが公共調達形式でのみ提供しなければならない。ボリスピリ空港社がこうむった被害額は1650万フリヴニャを超えると発表された。

NABUと特別汚職対策検察(SAP)は、2019年6月から本件捜査を行っていたとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-