ジトーミル州湖畔の殺人事件 7名死亡=警察発表

ジトーミル州湖畔の殺人事件 7名死亡=警察発表

ウクルインフォルム
22日未明、ジトーミル州ポピリニャンシキー地区ノヴォセリツャ村近くにて、池の賃借人が口論から釣り客7名を銃殺した。

同日、アントン・ヘラシチェンコ内務次官がフェイスブック・アカウントにて報告した

次官は、「ノヴォセリツャ近くの池の湖畔にて、キーウ(キエフ)市民のグループが休暇を取り、これまで同様に魚釣りをしていた。捜査班の情報では、そこにいたのは9名で、1962年生まれの池の賃借人を含む」と伝えた。

強いアルコール飲料を飲んだ後、6名が湖畔の小屋にて就寝したが、2名が更に賃借人とともにアルコールを飲み続けていたという。

次官は、「深夜1時頃、プロフェエッショナルな狩人でもある池の賃借人は、急に激しい不快感を覚え、訪問客を自らの『IZH』社狩猟用銃にて銃撃。まず近くにいた2名を殺害し、その後、寝ている6名も銃撃。彼は計7名を殺害した」と伝えた。

訪問客のうち1名が銃声に気付き、森へと逃げ込み、その後村に到着して警察に通報したのだという。

殺害容疑者は警察に捕まえられ拘束されており、犯行に使われた銃は押収済みだと発表された。

写真:ジトーミル州国家警察

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-