保安庁防諜職員、ロシア諜報機関諜報員を拘束 機密情報取得

保安庁防諜職員、ロシア諜報機関諜報員を拘束 機密情報取得

写真
ウクルインフォルム
保安庁(SBU)の防諜職員は、ロシア連邦保安庁(FSB)の諜報員がウクライナの造船分野のアクセス制限のある技術情報を違法に取得・伝達しようとする試みを摘発、未然に防いだ。

19日、SBU広報室が伝えた

発表には、「SBU作戦実行班は、ミコライウ州住民が金銭獲得目的で機密情報譲渡のために率先し露FSB代表者とコンタクトを確立したことを発覚させた。指示者の課題を受けて、このエージェントは、主要造船企業の内の一社の活動、とりわけ、技術製造に関する機密情報を収集していた」と書かれている。

SBU職員は、この人物とFSB職員のコンタクトを記録し、この人物が電子チャンネルを通じて集めた情報を違法に譲渡しようとしたところを拘束したと発表した。

この人物は、今後刑法典第111条1項(国家反逆罪)に従った容疑が伝達され、裁判所にて未決囚予防措置が選択されることになるとのこと。

写真:SBU広報室


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-