ウクライナ保安庁、露FSBの指示を受け工作を計画していた男性を拘束

ウクライナ保安庁、露FSBの指示を受け工作を計画していた男性を拘束

ウクルインフォルム
保安庁(SBU)職員は、ロシア連邦保安庁(FSB)の指示で、3月の大統領選挙に向けたテロを準備していた男性を拘束した。

10日、統一部隊作戦本部広報室がフェイスブック上で発表した。

発表には、統一部隊に加わるSBU職員が、マリウポリ駐屯地軍事検察の監督の下、テロ・グループの形成準備を摘発したこと、2018年8月から2019年1月にかけて行われた作戦において、K氏が手榴弾、マカロフPMを11丁(5250米ドル相当)、覚せい剤(アンフェタミン)11グラムの販売(5000フリヴニャ獲得)、また捜査機関職員に対して600ドルを渡したことが判明していると伝えられた。

このK氏は、2019年1月10日、3丁のマカロフPMを入手しようとしていたところを拘束されたと発表された。

発表文には、「K氏は、現時点で特定されていない人物との暫定合意と、ロシア連邦保安庁(FSB)職員との調整にもとづいて行動していた。目的は、ウクライナ大統領選挙期間中の、ウクライナ領でのテロと大規模騒動を起こすことによる、野党政治勢力の武力支援であった」と書かれている。

現時点では、同人物居住地の家宅捜索による捜査が行われており、この結果、容疑、予防措置が決められることになると発表されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-