「誰がハンジュークさん殺害を依頼したのか?」:キーウ市民、内務省前で亡くなった活動家の追悼を実施

「誰がハンジュークさん殺害を依頼したのか?」:キーウ市民、内務省前で亡くなった活動家の追悼を実施

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市内の内務省の建物近くで、4日に亡くなった活動家のカテリーナ・ハンジュークさんの追悼が行われた。

4日午後7時の追悼開始時点で200名弱の活動家が集まっており、その後も参加者の数は増えていった。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

建物前には、ろうそくやランプ等が置かれ、約10名の人が「誰がハンジュークさんの殺害を依頼したのか?」「誰がハンジュークさんを殺したのか?」と書かれた赤いプラカードとハンジュークさんの肖像写真を掲げた。

目撃者によると、当初、活動家と治安機関の間でいざこざが生じたとのこと。治安機関側は、今回の集会は「市民秩序の侵害」であると述べたとのこと。

また、同日、「生きて帰って」基金がフェイスブックで伝えたところでは、この「誰がハンジュークさんの殺害を依頼したか?」の集会は、ヘルソン、リヴィウ、リウネ、ハルキウ、スロヴヤンシク、ジトーミル、ウジホロド等の町でも開催されたとのこと。

同基金は、「集会の目的は、捜査を進めさせること、ヘルソン市長の補佐官であり、活動家であり愛国者であったカテリーナ・ハンジュークさんの殺害に罪のある人物に責任を負わせるよう、治安機関を行動させることにある」と書かれている。

これまでの報道にあるように、11月4日、活動家であり、ヘルソン市議会職員であったカテリーナ・ハンジュークさんが病院内で死亡した。ハンジュークさんは、7月に硫酸をかけられて入院していた。享年33歳であった。

これまで、ウクルインフォルムが報じたところでは、7月31日、ハンジュークさんに対して、身元不明の人物数名が硫酸をかけた。その結果、ハンジュークさんは、全身火傷を負い、とりわけ、視力を一部失っていた。ハンジュークさんには、キーウにて10回以上の手術が行われていた。

ハンジュークさんへの攻撃の実行犯は、ヴィクトル・ホルブノウ、セルヒー・トルビン、ヴォロディミール・ヴァシャノヴィチ、ヴヤチェスラウ・ヴィシネウシキー、ミキータ・フラブチュークの5名であり、全員が拘束されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-