キーウ独立広場でウクライナ軍兵士2名の告別式開催

キーウ独立広場でウクライナ軍兵士2名の告別式開催

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウ中心部の独立広場にて、東部にて戦死したアンドリー・ジョヴァニク(コードネーム『タタリン』)氏とユーリー・コヴァレンコ(コードネーム『ソカル』)の告別式が行われた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

両名ともキーウ出身者で、46歳だったという。

写真:ルスラン・カニュカ/ウクルインフォルム

2名は、極右団体として知られる市民団体「カルパチア・シーチ」のメンバーであったが、その後ウクライナ軍特別作戦軍に参加。ドネツィク州ソレダール近郊の戦闘で戦死したという。

告別式の際、同僚たちは、「戦争が彼らの命を奪ったなどと言ってはいけない。違う。彼らはロシアに殺されたのだ。どんなに痛みを覚えようと、敵との戦いにおいて、痛みが私たちとを止めてはならない」と述べていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-