ウクライナ南部ミコライウ市長、3日朝のロシア軍のミサイル攻撃の被害動画を公開=各地情勢

ウクライナ南部ミコライウ市長、3日朝のロシア軍のミサイル攻撃の被害動画を公開=各地情勢

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナへの全面的侵略を続けるロシア軍は、3日朝に南部ミコライウへミサイル攻撃を行った。シェンケヴィチ同市市長が同攻撃の被害を写した動画を公開した。

シェンケヴィチ市長がテレグラム・チャンネルにて動画を掲載した

シェンケヴィチ氏は、「スーパーマーケットが破壊され、集合住宅、薬局、複数の店が損傷した。また、2弾は、乗馬・スポーツ学校の敷地に着弾した。建物の窓が吹き飛んだ。幸いなことに、職員も動物も負傷していない」と伝えた。

同氏は、ミコライウ市への攻撃は、暫定情報ではC-300によるものだと指摘した。

また、地元ニュースサイト「ニクヴェスチ」が被害の写真(ウラダ・リベロヴァ、コスチャンティン・リベロヴィー撮影)を公開した。

その他、各地の軍行政府の3日8時時点の情報にもとづく報告書の概要は以下のとおり。

スーミ州(北部):朝からロシア軍はクラスノピッリャ共同体を火砲で砲撃。犠牲者・破壊情報確認中。2日、ロシア軍は、エスマン共同体、ホチン共同体、スエレディノ=ブド共同体を砲撃。犠牲者・破壊なし。

チェルニヒウ州(北部):夜間、ロシア軍は、ノウホロド=シヴェルシキー地区の村の近くを砲撃。犠牲者・破壊なし。

ドニプロペトロウシク州(南部):ロシア軍は、クリヴィー・リフ地区の共同体2つを火砲で砲撃。アポストロヴェ共同体では犠牲者と破壊なし。ゼレノドリシク共同体では、ヴェリカ・コストロムカ村にて幼稚園と教会が損傷、電線が切断。村は停電となった。

ハルキウ州(東部):今朝、ロシア軍がハルキウ市を複数回砲撃し、ノヴォバヴァルシキー地区とホロドノヒルシキー地区のインフラ施設、産業施設が破壊された。ハルキウ州内では、敵はボホドゥヒウ地区とチュフイウ地区が砲撃された。犠牲者なし。ボホドゥヒウ地区では、農業ビジネスの倉庫と民間家屋が炎上。チュフイウ地区では、教育機関の倉庫設備が炎上した。

ルハンシク州(東部):夜間。ロシア軍は、迫撃砲で3回、多連装ロケットシステムで6回砲撃。過去24時間で、敵はドネツィク州との行政境界線上にある8つの自治体を空爆した。ロシア軍は、同時に複数の方角から攻撃している。過去24時間。ウクライナ軍は9回の襲撃の試みを撃退した。

ドネツィク州(東部):前日。ロシア軍は、アウジーウカ、バフムート、カルリウカ、クラスノホリウカ、マルインカを砲撃。州は、ガス供給が止まっており、水と電気の供給も一部的に停止。義務的避難が継続。過去24時間、ドネツィク州では、住民4名が死亡、7名が負傷した。

ミコライウ州(南部)その他:今朝、ハリツィノヴェへの敵の砲撃にて住民1名が負傷。夜間、ロシア軍は、ラジスニー・サドを砲撃。犠牲者なし。夜。ミコライウ州上空で巡航ミサイルを4弾(Kh-101、Kh-555)撃墜した。ベレズネフヴァテ共同体と隣接自治体への砲撃継続。

ヘルソン州(南部):州内の爆発と砲撃止まず、戦闘継続。ウクライナ軍は、ロシア軍からさらに7つの村を解放し、州内の解放された自治体数は現在53となった。2か月間にわたり、ヘルソン州の大半の地域にて携帯電話の通信やインターネットが不在。

他の地域は相対的に平穏だった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-