【ブログ】彼らもロマン・スシチェンコも帰ってきた!

【ブログ】彼らもロマン・スシチェンコも帰ってきた!

ウクルインフォルム
ウクライナ人たちが私たちのところに帰ってきた。その中には、私たちのロマン・スシチェンコ(ウクルインフォルム記者)が含まれている。

ウクライナ人たちが私たちのところに帰ってきた。その中には、私たちのロマン・スシチェンコ(ウクルインフォルム記者)が含まれている。先ほど、ロマンと話をしたが、この感情は伝えようがない。彼は、帰還できたのは、私たちのサポートがあって、強くいられたからだと述べていた。私たちだって、彼がいたから、彼の勇敢さ、忍耐力、性格があったから、強くいられたのだ。彼は屈しなかった。彼は罪を認めず、どんな小さな妥協もしなかった。彼は、鉄の意志を見せ、自らの絵でもって世界と対話するという信じられない手段を見つけ出したのだ。彼は、ボールペン、ケチャップ、ビーツの汁や玉ねぎの皮を使って絵を描いていた。彼のことは世界中がサポートした。外交官、記者団、政府、市民団体…。彼を応援する集会は、世界中で同時に行われた。ドイツでは、ロナルド・ヴェンドリング氏がどんな天気の時でも、一人でも同時集会のために通りにやってきていたのだ。

そして、彼は帰還した!

1年前の「記者の日」に、私たちは、その祝日を祝うことはできないと話していた。なぜなら、ロマンがいなかったから。「クリミア」という名のスパークリングワインは開けずに置いておき、ロマンと一緒に飲もうと約束したのだ。その日までは、彼を帰還させ、クリミアを奪還するために、あらゆる努力をしていくことにしたのだ。

今、私たちは、ついにこのスパークリングワインの瓶を開けることができる。そして、今後は、ロマンという強力な記者、強い人間と一緒に、クリミアを取り戻すために闘っていこう!

オレクサンドル・ハルチェンコ(ウクルインフォルム総裁)

フェイスブックの投稿より


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-