OSCE、露にスシチェンコ記者への判決の無効化を再要求

OSCE、露にスシチェンコ記者への判決の無効化を再要求

ウクルインフォルム
9月30日、スシチェンコ・ウクルインフォルム特派員がロシアで拘束されてから2年が経過。これに合わせて、アルレム・デジール欧州安全保障協力機構(OSCE)報道の自由問題代表は、ロシアに対し、同国が拘束するウクライナ人記者の解放を改めて要請した。

同日、OSCE広報室が発表した。

デジール代表は、「OSCE地域の記者は、脅迫や投獄を恐れることなく活動する機会を得なければならない。私は、スシチェンコ記者に対する12年の拘禁刑が控訴により無効化されることを期待している」と述べた。

また、同発表は、同代表が2017年にキーウ(キエフ)とモスクワを公式に訪問した際に、この問題を繰り返し取り上げたことを指摘した。

これまで報じられたように、ウクルインフォルム通信のフランスの特派員であるロマン・スシチェンコ記者は、2016年9月30日、私的目的でモスクワを滞在していた際に国際ルールに違反する形でロシアの治安機関に拘束された。同年10月7日、スシチェンコ記者にスパイの罪が言い渡された。

ロシア連邦保安庁(FSB)は、スシチェンコ記者はウクライナ国防省情報総局の職員であると発表。情報総局は、これを否定している。

本年6月4日、モスクワ市裁判所は、スシチェンコ記者に12年の厳格収容所への拘禁が言い渡された。9月12日に、ロシア最高裁判所は、モスクワ市裁判所の判決を合法と認めている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-