金メダル獲得のベレニューク「準備がなければ、どう踏み込んでもチャンスはない」

金メダル獲得のベレニューク「準備がなければ、どう踏み込んでもチャンスはない」

ウクルインフォルム
東京オリンピックのレスリング男子グレコローマンスタイル87キロ級で金メダルを獲得したウクライナのジャン・ベレニューク選手(最高会議議員)のこれまでの発言を紹介する。

選手は、4日、決勝戦でハンガリーのレーリンツ・ビクトル選手を破り優勝していた。これは、ウクライナ勢の東京オリンピックでの初の金メダル獲得となった。ベレニューク選手は、2016年のリオ・オリンピックで銀メダルを獲得し、その際、再びオリンピックの舞台に戻ってくると誓っていた。このベレニューク選手の「人生の原則」とはどのようなものなのだろうか。ウクルインフォルムが同選手のこれまでの発言を集めた。


種目選択について

「母が、テニスの授業の1回分の値段を知った時、『あなたはグレコローマンのレスリングをしなさいね』と言ったんだ」

活動原則について

「クロスカントリーを高速で走る。それを最後まで走らなければならない。速度を落としたくなる決定的瞬間が生じることがあるが、それでも最後までその速度を維持するんだ」

改善への渇望について

「いつでも何かしら改善できるものだ。私には、レスリングでも、自分の性格にも補完が必要な部分がある」

試合前の調整について

「心理的に自分を調整できなければ、高い結果を期待することはできない。私は自分を整えるし、自分と対話をする。統合失調症に似たところがある」

ベレニューク選手は、どうやら東京で肩を痛めていたようだった。

「準備ができていなければ、どのように踏み込んでも、勝利のチャンスはない」

性格について

「私は子供の頃から、自分の行動は全て正しいと思っていたので、指導を受ける必要はなかった」

アフリカ系ルーツについて

「私はルワンダにいたけれど、私は自分が100%ウクライナ人だと実感した」

オリンピックの特徴について

「オリンピックの決勝戦は、人生で最も重要な闘いだ」

他国から試合に出ることのオファーについて

「国籍を変えるだって? 私は、支えてくれている人々から目を逸らさず、ここで全てを達成したいと思っている」

目標について

「2016年のリオ決勝戦での敗北の痛みが、とても悔しいものだった。ウクライナ人を喜ばせるためにも、金を獲りたい」


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-