明星大学デザイン学部学生、ウクライナ応援のユニフォーム作成

明星大学デザイン学部学生、ウクライナ応援のユニフォーム作成

写真
ウクルインフォルム
明星大学デザイン学部(東京都日野市)は、大学と日野市の地域連携の一環で、デザイン学科の学生有志7名が、ウクライナを応援するユニフォームやタオルなどをデザインした。なお、日野市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおけるウクライナのホストタウンに登録されている。

在ウクライナ日本国大使館がフェイスブック・アカウントにて伝えた

日本大使館は、ウクライナのホストタウンである日野市の明星大学デザイン学部の学生が、ボランティアのためのユニフォームのデザインを作ったと伝え、「日野市のボランティア活動の3つの方向性のうちの一つは、オリンピック時にウクライナ代表チームをサポートすることだ。そのため、学生デザイナーたちは、ユニフォームのデザイン作りに14か月を費やした」と書き込んだ。

明星大学のウェブサイトには、今回の「ウクライナ代表応援ボランティア」ユニフォームのデザインにつき、「ウクライナの国旗をイメージさせる黄色、青色を基調としたデザイン。日本の和の心でウクライナ代表選手を応援しようという思いから、タオルにはウクライナ語(編集注:Нехай щастить, Україно!)で『がんばろう、ウクライナ!』の意味を筆文字で表現」したと書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-