ロシア裁判所、クリミアで拘束の先住民に17年の有罪「判決」

ロシア裁判所、クリミアで拘束の先住民に17年の有罪「判決」

ウクルインフォルム
ロシアの裁判所は30日、被占領下ウクライナ領クリミアで拘束した先住民クリミア・タタール人のマルレン・ムスタファイェフ氏に対して、「イスラム解放党」の活動を組織したとして、有罪「判決」と17年間の収容所への収容を言い渡した。

クリミアの市民記者ネットワーク「クリミアの連帯」が報告した

発表には、「南部軍管区軍事裁判所がクリミア・タタール人のマルレン・ムスタファイェフ氏をビルヒルシクにおけるイスラム教系政党『イスラム解放党』の活動を組織した罪があるとする判決を下した」と書かれている。

ムスタファイェフ氏は、17年間の厳格収容所への収容、その内最初の3年間は投獄、そして解放後も1年間半は移動の自由の制限が課されるという。

これを受けて、ウクライナのジェパル(ジャパロヴァ)外務第一次官は、ツイッター・アカウントにて、パートナー国に対して、ウクライナ支持の立場によりムスタファイェフ氏が違法な「判決」を受けたことに関して、対露制裁を強化するよう呼びかけた

ジェパル氏は、「ロシアはクリミア・タタール人に対する弾圧を続けている。マルレン・ムスタファイェフ氏は、活動家であり、2人の子供の父親であり、市民団体『クリミアの連帯』のメンバーであるが、その彼が今日、親ウクライナ的立場を理由に17年間の有罪判決を受けた。私たちは、パートナーたちに対して、その『判決』を非難し、ロシアへの制裁を強化するよう要請する。そうでなければ、ロシアは止まらない」と書き込んだ。

これに先立ち、ロシア連邦は、今年2月9日朝、被占領下ウクライナ領であるクリミアとセヴァストーポリの複数地域(シンフェローポリ地区、バフチサライ地区、ビロヒルシク地区、バラクラヴァ地区)にてクリミア・タタール系住民の自宅に家宅捜索を行っていた。

その際、「イスラム解放党」への関与の容疑で、マルレン・ムスタファイェフ氏、エルネスト・セイトスマノフ氏、アンサル・オスマノフ氏、アメトハン・アブドゥルヴァポフ氏が拘束されていた。

マルレン・ムスタファイェフ氏は、クリミア・ビロヒルシクの自動車整備士。拘束されるまでは、政治囚の「裁判」を訪れたり、集会に参加したり、クリミアで拘束される政治囚の家族をサポートしたりする活動を行っていたことが知られている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-