ウクライナ市民、塹壕の軍人のために長時間使えるろうそくを製作

ウクライナ市民、塹壕の軍人のために長時間使えるろうそくを製作

写真
ウクルインフォルム
ブリキの空き缶、段ボール、蝋またはパラフィン(石蝋)。今、ウクライナ市民は、これらを用いて、前線にいる軍人たちが暖と灯りを取るために長時間使える「塹壕用ろうそく」を作っている。

ウクルインフォルムのフォトグラファーたちが、キーウ州、ハルキウ州、ヴィンニツャ、ドニプロ、オデーサで市民の塹壕用ろうそく作りの様子を写真に納めた。

写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ
写真:ヴォロディーミル・タラソウ

ろうそく作りは現在、今年2月のロシア軍全面的侵略開始時に盛んだった火炎瓶作りを思わせるほど、各地で活発に行われている。各自治体のボランティアセンターにて、大人や子供が、ろうそく作り教室に参加している。

写真:

写真:セルヒー・フダク

写真:セルヒー・フダク
写真:セルヒー・フダク
写真:セルヒー・フダク
写真:セルヒー・フダク
写真:セルヒー・フダク
写真:セルヒー・フダク

この塹壕用ろうそくは、通常のろうそくよりも長持ちし、4.5〜5時間、ゆっくり燃え続けるという。これにより冷えた手を温めたり、お湯を沸かしたり、食べ物を温めたり、灯りを取ったりすることができる。また、通常の照明よりも、偽装した陣地の場所が見つかるリスクが小さいという。

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
 
重さ約415グラム 燃焼時間4.5〜5時間 写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
重さ約415グラム 燃焼時間4.5〜5時間 写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー
写真:オレクサンドル・
写真:オレクサンドル・ラピン
写真:オレクサンドル・ラピン
写真:オレクサンドル・ラピン
写真:オレクサンドル・ラピン

写真:ニーナ・リャショノク

写真:ニーナ・リャショノク
写真:ニーナ・リャショノク


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-