被占領下ヘルソン市の偽「行政府」庁舎からロシア国旗が外される

被占領下ヘルソン市の偽「行政府」庁舎からロシア国旗が外される

写真
ウクルインフォルム
一時的被占領下ウクライナ南部ヘルソン市にある、ロシア占領政権「行政府」庁舎(ヘルソン州行政府庁舎)から、3日、ロシア国旗が外された。

ソボレウシキー・ヘルソン州議会第一副議長がテレグラム・チャンネルで伝えた

ソボレウシキー氏は、「ヘルソン州行政府だ。写真は今日(11月3日)撮られたものだ。謎の消滅だが、あなた方は理由をわかっているだろう…。ヘルソンは、過去も現在も未来もウクライナでしかないのだ。私たちがやらなくても、あなた方はこのように自分たちで雑巾を降ろしている」と書き込んだ。

実際にロシア国旗が降ろされた理由は、現時点では不明である。

なお、ロシア占領政権は10月、ヘルソン州の偽「行政府」をドニプロ川の左岸へと移動させていた。また、対露協力者たちは、「ウクライナ軍の砲撃からの避難」だとして、自身の親族たちをクリミアへと移動させている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-