86%のウクライナ人、町の攻撃を受けてもロシアへの抵抗を支持

86%のウクライナ人、町の攻撃を受けてもロシアへの抵抗を支持

世論調査
ウクルインフォルム
最新の世論調査の結果、ウクライナの人々の86%が、現在ロシアはウクライナの町々を攻撃しているが、それでもロシア侵略への武力抵抗を続けるべきだと考えていることがわかった。

キーウ国際社会学研究所が10月21〜23日に実施した世論調査結果を発表した

設問「最近、ロシアはウクライナの町々をミサイルや自爆型無人機などで積極的に攻撃している。その件につき、あなたの考えをより良く表現している記述はどれか?」に対して、「たとえウクライナの町々への攻撃が続くとしても、ロシア侵略への武力抵抗は続けるべき」との回答は、86%(完全にそう思う71%、どちらかといえばそう思う15%)だった。これに対して、「ロシアに譲歩せざるを得なくなるのだとしても、町々への攻撃をできるだけ早く止めさせるために、協議へと移るべき」との回答は10%(完全にそう思う4%、どちらかといえばそう思う6%)だった。

地域別結果を見ると、東部の住民の間で「協議移行」への支持が比較的高く29%、「抵抗継続」支持は69%だった。その他の地域では、「抵抗継続」支持が8割を超えていた(西部88%、中部89%、南部86%)。

今回の世論調査は、キーウ国際社会学研究所がCATI方式(computer-assisted telephone interviews)にて、携帯電話番号のランダム抽出をもとに実施したもの。調査には、クリミアを除く、ウクライナの全ての地域の居住者、18歳以上のウクライナ国民1000人が参加した。参加者は、2022年2月24日以前にウクライナ政府管理地域に暮らしていた者であり、それ以前にウクライナ政府が管理できていなかった地域の住民と2022年2月24日以降に国外に出国した者は調査対象となっていない。理論的誤差は最大で±3.4%だと説明されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-