ロシア占領者、ヘルソン市で武器を使って「テロ掃討」を演出=州議員

ロシア占領者、ヘルソン市で武器を使って「テロ掃討」を演出=州議員

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ南部ヘルソン州のソボレウシキー州議会議員は、ロシアが占領を続けるヘルソン市にて、占領者が「反テロ作戦」に見せかけて武器を使った挑発を行ったと報告した。

18日、ソボレウシキー議員がテレグラム・チャンネルにて報告した

ソボレウシキー氏は、「昨日(17日)の夜、ヘルソン市の実質的中心部で、オークたち(編集注:ロシア兵の蔑称)が反テロ作戦実施のふりをした武力挑発を行った」と伝えた。

同氏は、ロシアのプロパガンダ撮影班は、ビデオカメラを持って装甲車よりも先に「作戦現場」に到着し、その見世物を最初から最後まで撮影することができていたと指摘した。

加えて同氏は、「幸いなことに、私たちの情報では、一般市民の中には犠牲者は出ていない。オークたちには、前線の不成功から注意を逸らす必要があるのであり、そのため、残念なことに、市内での見世物が必要なのであり、おそらく、これが最後ではないだろう」と説明した。

写真:ソボレウシキー・ヘルソン州議院議員


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-