マリウポリの建物屋上で市民がウクライナ国旗を広げる

マリウポリの建物屋上で市民がウクライナ国旗を広げる

写真
ウクルインフォルム
ロシアにより一時的に制圧されているマリウポリにて、男性が建物の屋根の上でウクライナ国旗を広げた。

29日マリウポリ市議会がテレグラム・チャンネルにて写真を掲載した

市議会は、「マリウポリ市民が占領された町の屋上に上り、ロシア人によって壊された建物を背景に、『マリウポリはウクライナだ』と書かれた青と黄の旗を広げた。旗には、また、国家の歌詞を読むことができる。『私らが敵は、陽光の中の雫のように滅びるだろう。兄弟よ、我々は、我らの国を治めよう』」と書き込み、この男性はこのような形でウクライナの独立記念日を祝ったのだと伝えた。

また市議会は、マリウポリ市民は、国旗やウクライナ語によって罰せられる可能性がある中でも、勇気を示していると書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-