ミコライウ市長、28日朝の露軍攻撃の被害写真を公開

ミコライウ市長、28日朝の露軍攻撃の被害写真を公開

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ南部ミコライウ市のシェンケヴィチ市長は、28日朝のロシア軍による同市へのミサイル攻撃による、国立造船大学の給水所敷地への着弾の被害写真を公開した。

シェンケヴィチ市長がテレグラム・チャンネルに写真を掲載した

シェンケヴィチ氏は、「大学の給水所だ。ロシアの砲弾だここに、このような穴ができた。幸運にも、ミサイルは開けた場所に着弾し、学習機材は助かった。倉庫のみが部分的に破壊された」と書き込んだ。

同氏はまた、近隣の集合住宅も部分的に窓が破損したとし、また隣接する境界の窓も割れたと伝えた。

これに先立ち、28日朝、ミコライウにて、ロシア軍によるミサイル攻撃が行われたことが発表されていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-