ローマ教皇、信者に「ウクライナのために何をしているか自らに問いかけて欲しい」

ローマ教皇、信者に「ウクライナのために何をしているか自らに問いかけて欲しい」

ウクルインフォルム
ローマ教皇フランシスコは19日のミサの際、信者に対して、自分がウクライナの戦争で苦しむ人々を助けるために何をしているかを自らに問うよう呼びかけた。

バチカンニュースが伝えた

教皇は、バチカンのサンピエロ広場で行われた祈りの終わりに、数千人の信者に対して、「この瞬間、多くの苦しみを受けているウクライナの人々、苦しむ人々のことを忘れないでいようではないか。私は、あなた方皆が自分に対して問いかけて欲しいと思っている。『今日私はウクライナの人々のために何をしているか? 祈っているか? 何らかの努力をしているか? 理解しようとしているか? ウクライナの人々のために今日何をしているか? 一人一人が心の中で答えて欲しい」と発言した。

またその前には教皇は、ミャンマーの人々のことも忘れないよう、呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-