西部リウネでポリッシャ地方の1000年前の儀式を再現

西部リウネでポリッシャ地方の1000年前の儀式を再現

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ西部リウネで、1000年前のポリッシャ地方の儀式「ヴォジンニャ・クスタ」が再現され、市民に紹介された。

リウネ州の民芸センターがウクルインフォルムの記者に伝えた。

センターは、「儀式『ヴォジンニャ・クスタ(編集注:『低木(クスト)の操り』の意)』は、何世紀もの間、スヴァリツェヴィチ村の人々の間で緑のお祝いの2日目に行われてきたものだ。その儀式は、女性だけが行ってきた。なぜなら、この宗教儀式のシンボルである低木(クスト)は、死の世界である大地から実りを産むためにでてきたものであり、大地における命の継続、女性のはじまりの象徴だからだ。先祖の墓を訪れた後、クストを身にまとう女性の一団が儀式の歌を歌いながら、村へ向かい、一つ一つの家へ入り、家主にお祝いの言葉を述べる。家主側は、お客たちに、パイ、卵、お金、大地や森のおかげで手に入る様々な恵みをあげていたのだ」と説明した。

写真:オープンソース

リウネ市では、儀式の紹介とともに、民謡団体による合唱の披露が行われたという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-