希望、不安、恐怖…ウクライナ人が戦時下で抱いている感情調査

希望、不安、恐怖…ウクライナ人が戦時下で抱いている感情調査

世論調査
ウクルインフォルム
最新の世論調査により、ウクライナの人々は現在の戦争において、自らの将来やウクライナの未来について、希望、不安、恐怖という感情を最もよく抱いていることがわかった。

7日にオンライン記者会見で発表された民主イニシアティブ基金が2022年5月7日〜15日に実施した世論調査の結果につき、キーウ・モヒーラ・アカデミー大学のヒルニク教授(心理学・教育学)がコメントした。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヒルニク教授は、「国家の未来に関する『希望』(との回答)は、戦争前(編集注:全面的侵攻開始前)は43%だったが、今回これが61.1%まで伸びた。これは非常に高い割合であり、平時にはこのような結果は一度もなかった」と発言した。

さらに同氏は、「希望」との回答が伸びた重要要因の一つは、西側の将来の経済支援、ウクライナに対するマーシャルプランへの期待かもしれないと発言した。

同時に同氏は、回答者の「自分の将来」に関して質問した場合には、「国家の未来」について尋ねた時よりも、「希望」の回答が若干下がり、「不安」の回答が高くなっていると指摘した。

回答結果のグラフを見ると、「国の未来」について考えた時の感情では、希望(61.1%)、不安(46.5%)、恐怖(20.6%)、楽観(18.5%)、確信(16.0%)との回答だが、「自分の将来」についての設問では、希望(50.9%)、不安(50.1%)、茫然自失(21.7%)、恐怖(21.0%)、楽観(20.1%)と否定的な感情が若干高い結果となっている。

同時に同氏は、「4.6%の回答者のみが、心理的サポートケアの不足を感じていると回答した。否定的な感情はあるが、大半は自らの心理的状況につき、基本的には、専門的修正の必要のない『平常』と評価している」と指摘した。

今回の世論調査は、民主イニシアティブ基金が政治社会学センターと共同で、ジョン・フェル・オクスフォード大学プレス・リサーチ・ファンドの支援を受け、2022年5月7日から22日にかけて対面式で実施したもの。実西部(ヴォリーニ州、ザカルパッチャ州、イヴァノ=フランキウシク州、リヴィウ州、リウネ州、テルノーピリ州、チェルニウツィー州)、中部(ヴィンニツャ州、キロヴォフラード州、フメリニツィキー州、チェルカーシ州)の成人1000人を対象に行われたとし、理論的誤差は、最大±3.1%だと説明された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-