南部メリトポリの市民500人以上がロシア政権に拉致=市長

南部メリトポリの市民500人以上がロシア政権に拉致=市長

ウクルインフォルム
ロシアにより被占領下にあるウクライナ南部メリトポリのフェドロウ市長は、過去3か月間で同市では500人以上が拉致被害にあったと発言した。

フェドロウ・メリトポリ市長がメディアセンター・ウクライナ=ウクルインフォルムでの記者会見時に発言した。

フェードロウ氏は、「3か月間で500人以上が拉致を経験した。ある者は3日間、ある者は1か月以上拘束される。16歳の子供がすでに50日間拘束されているという例もある。そのため、一時的被占領地の安全問題は厳しいのである」と発言した。

同氏は、メリトポリでは現在も頻繁に市民の拉致が行われていると指摘した。

なお、フェドロウ氏が言及した、16歳のウラド氏は、4月8日、ザポリッジャ市へと向かう際に拉致されている。当初、ウラド氏の父であるブリャク・ザポリッジャ地区行政府長官が問題を解決しようとロシア側と協議を始めたが、現在まで解決に至っていない。

また、フェドロウ・メリトポリ市長本人も、3月11日にロシア軍に拉致されており、その後16日にウクライナ側がロシア兵捕虜9人との交換で同氏を解放させていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-