多くのロシア語話者ウクライナ人が2月24日以降にウクライナ語に切り替えた=ゼレンシキー宇大統領

多くのロシア語話者ウクライナ人が2月24日以降にウクライナ語に切り替えた=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は、2月24日のロシア軍の全面的侵攻までは主にロシア語を使って生活していたウクライナ人の多くが、以降、ウクライナ語を使うようになったと発言した。

ゼレンシキー大統領がオランダのニュース番組 Nieuwsuurへのインタビュー時に発言した

ゼレンシキー氏は、「侵攻開始後、私たちの多く、ウクライナ人の多く、特にロシア語話者が(ウクライナ語に切り替えた)。なぜなら、特に、過半数の人がロシア語を使うところで町の破壊が行われたからだ。(中略)そして、多くの人がウクライナ語に切り替えたというのは事実であり、それはロシア軍が行ったことへの憎悪が理由であり、その憎悪は彼らと結びつくあらゆるものに対して向けられているのだ。しかし、それであっても、ロシア語を含め、私たちの国ではどのような言語も禁止されていない」と発言した。

同氏はまた、ウクライナでは、望む言語にて話すことが可能であると強調した。

なお、ウクライナでは、2月24日からロシアによる全面的侵略が続いている。

また、キーウ国際社会学研究所が5月19日〜24日に行った世論調査では、ウクライナに暮らし、生活の中で主にロシア語を使う住民(以下、ロシア語話者)の90%がロシア語の使用による弾圧を受けていないと考えているという結果が出ている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-