露占領から解放のチェルニヒウ州、コロナワクチン接種を再開

露占領から解放のチェルニヒウ州、コロナワクチン接種を再開

ウクルインフォルム
ロシアの占領から解放されたウクライナ北部のチェルニヒウ州は、5月にコロナワクチン接種を再開し、州の住民1170人がすでに接種を行った。

チェルニヒウ州軍行政府広報室が発表した

同行政府のレベジェヴァ保健局副局長は、チェルニヒウ州はファイザー製ワクチン「コミナティ」を受け取ったと伝えた。さらに同氏は、「同州の医療機関は戦闘があった時も接種を行っていたが、チェルニヒウ市では、(ロシア軍に)包囲されていた際に停電があり、ワクチン保管温度が維持されず、ワクチンが使用できなくなってしまった。そのため、チェルニヒウ市ではコロナウイルスの接種が行われなかったが、州内(の他の自治体)では、3〜5月で3794件のコロナワクチン接種が行われた」と報告した。

同氏はまた、現在ワクチンが市と州内の医療機関に申請に応じて届けられているとし、現時点では、事前予約で接種が行われていると伝えた。

2022年5月25日時点で、チェルニヒウ州では約81万5000件のコロナワクチン接種が行われており、40万人以上(州内成人の約50%)が接種を終えているとのこと。ブースター接種を受けたのは、1万7000人以上(全体の約5%)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-