露占領政権、南部ヘルソン州ノヴァ・カホウカにレーニン像設置

露占領政権、南部ヘルソン州ノヴァ・カホウカにレーニン像設置

写真
ウクルインフォルム
30日、ロシア軍が占領するウクライナ南部ヘルソン州ノヴァ・カホウカの広場にて、ロシア占領者と共謀者がレーニン像をかつて設置された場所に戻した。

地元のバトゥーリン記者がフェイスブック・アカウントにて伝えた

バトゥーリン氏は、「(編集注:レーニン像を)設置した」と書き込んだ。

また、ノヴァ・カホウカのヴォロディーミル・コヴァレンコ市長は同日、「被占領下にて権限執行が困難となっていることから」休暇を取るとの声明を発表した。ノヴァ・カホウカ領域自治体広報室がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「ヴォロディーミル・コヴァレンコ市長は、ノヴァ・カホウカ領域共同体が被占領下にある中、自らの権限と委譲されている権限の執行が困難となっていることと関連し、4月28日に休暇申請を書いたことを報告した」と書かれている。

さらに、バトゥーリン氏は30日、ノヴァ・カホウカと隣接するカホウカでは、ロシア占領政権との共謀者が「カホウカ行政地区」なる領域にロシア・ルーブルを導入する決定を発行したと伝えた

これに先立ち、ロシアが占領するドネツィク州ヴォルノヴァハでは占領政権が露ルーブルを取り扱うATMを設置し、またザポリッジャ州メリトポリでも、占領政権がロシア国営銀行ズベルバンクの支店を開こうとしていることが報告されていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-