西部ルーツィクで世界大戦戦勝記念碑のソ連シンボル撤去

西部ルーツィクで世界大戦戦勝記念碑のソ連シンボル撤去

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ西部ルーツィクでは27日、第二次世界大戦戦勝記念碑からソ連のシンボルの撤去を始めた。また、第二次世界大戦の開始日時も修正されるという。

ポリシチューク・ルーツィク市長がテレグラム・チャンネルで伝えた

ポリシチューク市長は、「永遠の栄光記念碑からソ連時代のウクライナ嫌悪的なシンボルの除去が始まった」と書き込み、写真を掲載した。

同氏はまた、5月1日までに、第二次世界大戦の開始の年も、ソ連やロシア連邦の主張する1941年ではなく、1939年に変更すると伝えた(編集注:現代ロシアはソ連同様、ナチスとソ連が秘密協定を締結した後に東西からポーランドに侵攻した1939年ではなく、独ソ戦の開始である1941年を大戦の開始と強調している)。

なお、26日、キーウ(キエフ)てソ連時代に設置された「民族友好のアーチ」の下に1982年に設置された「ウクライナのロシアとの再統合記念」像の解体が終了している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-