占領下メリトポリにて親露集会開催されず 市民が拒否=地方当局

占領下メリトポリにて親露集会開催されず 市民が拒否=地方当局

ウクルインフォルム
ロシア軍は26日、占領する南部メリトポリ市にて、ロシアの報道向けに準備していた親露集会を開催することができなかった。

ザポリッジャ州軍行政府が保安庁(SBU)情報をもとにテレグラム・チャンネルにて伝えた

発表には、「3月26日8時、ロシア連邦占領政権により、いわゆる『メリトポリ市長臨時代行』のハリーナ・ダニリチェンコが率いる形で、メリトポリ市中央広場にて、日当付集会の開催が予定されていた。そのイベントの基本的目的は、ロシアの報道機関が同市住民によるロシア連邦へのオープンなサポートを報じることであった」と書かれている。

同集会は、ロシアのシンボルを手にして、また参加者には1200露ルーブルが支払われることになっていたという。

また、占領者は、被占領下クリミアから住民をサクラとして30名連れてきて、そこに地元住民を集会に参加させようとしたが、地元住民から強く拒絶されたとのこと。

発表には、「メリトポリ市の強靭な親ウクライナ的立場から、集会は開催されなかった」と書かれている。

なお、ウクライナでは、2月24日から、ロシア軍による侵略戦争が続いている。

ロシア軍により、一時位的被占領地にあるヘルソン州やザポリッジャ州の自治体では、住民による親ウクライナ集会が繰り返し開催されている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-