ハルキウ市長、2014年以降の市民の意識の変化に言及

ハルキウ市長、2014年以降の市民の意識の変化に言及

ウクルインフォルム
テレホウ・ハルキウ市長は、2014年のロシアの侵略開始以降、ハルキウの人々の物の考え方は変わったと発言した。

テレホウ・ハルキウ市長がLBへのインタビュー時に発言した

テレホウ氏は、「14年、ある種の転機が生じたのだ。ただし、ともあれここでは、ロシア連邦への姿勢は、引き続き真心あるものであり続けたとは言える。しかし、14年以降、ドネツィク市、ルハンシク市、ドネツィク州、ルハンシク州が、そこで起こったあらゆる恐ろしいものをハルキウに見せた。その後、ハルキウの人々の『DPR』やら『LPR』やらへの態度や、人々が目にした、今後起こり得ることへの恐怖が、ハルキウという町の物の考え方を変えたのだ」と発言した。

同時に同氏は、それでもハルキウ市民のロシアへの見方は普通のもの(編集注:敵意のないもの)であり続けているが、他方で、「ロシアの下に入る」とか、「自治形態を得る」といった望みはないと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-